庭の目隠しに塗り壁の塀をつくった工事👷【埼玉県川越市の施工例】

【更新日】2022.01.29.

埼玉県川越市の庭ガーデン工事。

庭の目隠しに塗り壁仕上げの塀つくった施工例です。門柱も兼用していて、表札・ポスト・インターホンもあります♪

外壁に合わせた洋風デザインの塀で、アクセントにガラスブロックを埋めました!


この施工例のポイントはこちら!
  • 【デザイナー】菅間 克己
  • 【施工地域】埼玉県川越市
  • 【工事種類】庭ガーデン工事
  • 【デザイン】洋風
  • 【スタイル】セミクローズ
  • 【工事費用】50~100万円

洋風デザインの目隠し塀

外壁に合わせた明るいベージュ色の塀

庭の目隠しと門柱を併用した、目隠し塀をつくりました。

外壁に合わせた色を選び、カラーバリエーションが多い塗り壁ジョリパットで仕上げています。ブロック塀だけだと圧迫感があるので、ガラスブロックを埋め込みおしゃれにデザインしました。

また門柱も兼用しているので、必要なアイテム「表札・ポスト・インターネット」も施工しています。アイデザ満載の塀が完成しました!


⭐この現場を設計したデザイナー⭐

菅間 克己
エクステリア・ガーデンデザイナー

埼玉県生まれ。国士舘大学卒業後、大手ハウスメーカーの外構部門に就職。常にトップクラスの成績を収め、10年の勤務を経てから当社に転職。

異業種とのコミュニケーションを大事にし、新しい視点でユニークなデザインが提供できるよう日々努力。お客さま目線を持ち続けるため、現場作業も積極的に行う。

愛娘とルパンをこよなく愛す、1児の父親。



この施工例を見た人にはこちらもオススメ!


以上、庭の目隠しに塗り壁の塀をつくった工事👷【埼玉県川越市の施工例】…という話題でした。

更新:2022年01月29日|公開:2022年01月28日


【現在の位置】ホーム > 庭ガーデン工事 > 目隠し塀のある庭ガーデン


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み