サンシュユは黄金の花が咲く庭木🌳【実の特徴や育て方-剪定のコツも解説します】

【更新日】2022.01.18.


悩む夫婦

サンシュユを庭木として植えるかどうか悩んでいます😔

庭木に選ぶメリットには、どんなものがありますか?植えた後の、剪定方法や育て方も教えてください。


こんな人に向けて書きました。

ポイントは次の3つです。

  • サンシュユの木とは?
  • 庭木におすすめな理由5つ
  • 通販で買えるおすすめサンシュユ3種類

記事を読み終えると、サンシュユが庭木としてどんな魅力があるか分かり、もう庭木に選ぶかどうか迷わなくなっているでしょう😊


当社クローバーガーデンは埼玉県の「外構と庭工事の専門会社」です。

年間200本以上の庭木を植え、植えた後の管理・剪定なども行っています


サンシュユは黄金の花が咲く庭木🌳【実の特徴や育て方-剪定のコツも解説します】

サンシュユをまとめた画像

サンシュユは春の訪れを告げる早春の花木で、黄金に輝く花を咲かせるおすすめ庭木です。

しかし「サンシュユってどんな花が咲くの?」「西洋サンシュユってどんな庭木なの?」「実は生でも食べられるの?」「葉っぱはどんな風に紅葉するの?」「枯れるのを防ぐ剪定方法や育て方は?」などとすごく悩むでしょう。

そこでこの記事では、サンシュユの魅力・育て方・剪定方法や、庭木におすすめな理由5つを解説します。枝はヨーグルト作りに使え(!?)、赤い実は漢方薬(生薬)になりますよ。

どうぞ最後までご覧ください😊



それでは、ひとつずつ解説していきます。


サンシュユってどんな木なの?


ここでのポイントは3つ
  • サンシュユってどんな木なの?
  • 名前の由来は?
  • 花言葉はなに?

サンシュユってどんな木なの?

サンシュユの木とは中国・朝鮮半島原産の落葉小高木で、早春に黄金の花を咲かせる樹木のこと(マンサクも早春の花木として有名)です。

江戸時代中期に薬用として日本へ渡来し、現在は庭木や公園樹として観賞用に広く植栽されています。

  • 分類:落葉小高木
  • 学名:Cornus officinalis
  • 漢字:山茱萸
  • 別名:ハルコガネバナ、アキサンゴ
  • 科名:ミズキ科
  • 属名:ミズキ属
  • 原産地:中国、朝鮮半島
  • 花言葉:持続、耐久、強健

ミズキ科ミズキ属なので、ヤマボウシやハナミズキと同じ仲間です。どちらもシンボルツリーとしてものすごく人気があります。

ヤマボウシ株立ちは人気シンボルツリー🌳【常緑ヤマボウシもおすすめ!】

ハナミズキは花木の代表で人気ある庭木🌳【シンボルツリーにもおすすめ!】


名前の由来は?

ふむふむ、なるほどね...

サンシュユの名前は、中国名「山茱萸」の音読みから来ています。「茱萸」はグミのことを指し、秋に赤い実がなります。


別名の意味は?

サンシュユには別名「ハルコガネバナ」と「アキサンゴ」があります。

ハルコガネバナ(春黄金花)は、春に黄金の小さな花が集まって咲くことからです。

またアキサンゴ(秋珊瑚)は、秋になる赤い実がサンゴに似ているからです。


花言葉はなに?

「持続」「耐久」「強健」など良い意味があります。


【5つ】庭木におすすめな理由

ここからは、庭工事歴20年以上の現役プロが、サンシュユの魅力をたっぷり解説していきます。


おすすめな理由5つ
  1. 【シンボルツリーに最適】庭木としてのデメリットも解説
  2. 【黄金の花が咲く】開花時期+花が咲かないときは?
  3. 【赤い実がなる】効能ある生薬になり食べることも可能
  4. 【葉は秋に紅葉する】斑入りの西洋サンシュユも人気
  5. 【切り花にして室内に飾れる】おしゃれなインテリアに

サンシュユは、まだ寒い時期に花を咲かせる庭木です。

枝ぶりに風情があるので、洋風よりも和風の庭に似合います。


1.【シンボルツリーに最適】庭木としてのデメリットも解説

サンシュユは大きく枝を伸ばす樹木

ここでのポイントは3つ
  • >シンボルツリーに使える落葉小高木樹
  • 風水で考える縁起の良い植え場所は?
  • 庭木としてのデメリットは何?

シンボルツリーに使える落葉小高木樹

サンシュユは早春の代表的花木

サンシュユはシンボルツリーとしておすすめの庭木です。

果実を薬用とするため江戸時代中期に導入された樹木で、今では春の代表的な花木として定着しています。黒い枝のラインと黄花のコントラストが美しく、1本だけでも野趣あふれる存在感があります。雑木の庭にもぴったり!

樹勢が強いので強剪定にも耐え、病害虫もあまりつかない、庭木初心者でも管理しやすい庭木です。

  • 樹高:2~7m
  • 葉張り(樹冠の横幅):4~5m
  • 花色:黄
  • 開花期:2~3月
  • 果実色:赤
  • 果実熟期:9~11月
  • 用途:シンボルツリー、庭木、添景樹、切り花・生け花・茶花

同じミズキ科のヤマボウシとハナミズキも、シンボルツリーとしてものすごく人気があります。

ヤマボウシ株立ちは人気シンボルツリー🌳【常緑ヤマボウシもおすすめ!】

ハナミズキは花木の代表で人気ある庭木🌳【シンボルツリーにもおすすめ!】


風水で考える縁起の良い植え場所は?

サンシュユは樹皮がはがれる

風水では「西に金色が金運アップ」というのが有名です。

サンシュユは日当たりを好む樹木なので、西に植えるのがおすすめ!逆に日当たりが悪いと、花つきが悪くなります。

ほかに黄色の花を咲かせる庭木は、「ロウバイ・アカシア」などです。


風水の方角と花色の詳細はこちらです⏬

風水の方角8つと相性が良い花色9つ🧭【金運アップは西に黄色ですよ!】


庭木としてのデメリットは何?

デメリットは、枝を長く伸ばし大きく生長することです。

そのため狭い庭には植えづらい庭木です。コンパクトに維持したい場合は、株立ちにして鉢植えをオススメします。

ただし強剪定しても枯れる心配は少ないので、3年おきぐらいに樹高を低くする剪定を行っても大丈夫です(翌年は開花しない)。


2.【黄金の花が咲く】開花時期+花が咲かないときは?

サンシュユの美しい黄金の花

ここでのポイントは3つ
  • 美しい黄金の花を咲かせる
  • 花の特徴【別名ハルコガネバナ】
  • 花が咲かないときの対処法は?

美しい黄金の花を咲かせる

サンシュユの最大の魅力は、まだ寒い早春の2〜3月に黄金の花を咲かせることです。

枝が見えなくなるほどびっしり花が咲き、その姿は見事で圧倒されます。マンサクとともに春を告げる花木として、昔から日本人に親しまれてきました。

サンシュユは黒っぽい野趣あふれる幹枝を持ち、花とのコントラストがとても美しいです。花が終わった後に葉が展開するので、雑木の雰囲気がずっと楽しめます。

ほかに早春に花が咲くおすすめシンボルツリーは「梅やアカシア」などです。

梅の木は花が美しく種類が豊富な庭木🌳【剪定-育て方のコツも解説します】

アカシアの木で人気種類はミモザ🌳【庭木に選ぶデメリットも解説します】


花の特徴【別名ハルコガネバナ】

サンシュユの小さい黄花

黄金の小さな花が1カ所から20~30個集まって咲くことから、別名「ハルコガネバナ」とも呼ばれています。

花の直径4~6mmで、花が放射状に咲く散形花序(さんけいかじょ)です。花序の基部には総苞片が4枚つき、花びらは4枚あり後ろに大きく反り返ります。4本ある雄しべは目立ちます。


花が咲かないときの対処法は?

サンシュユの黄金の花

剪定で注意して欲しいのは、花芽をまちがって切ってしまうことです。

サンシュユは、今年伸びた枝の先にできる頂芽が花芽になります。それが翌年の初春に開花するので、花芽を見つけたらなるべく残しながら剪定してください。

また、植えたばかりのサンシュユだと花が咲かない場合もあるので、気長に数年様子を見ましょう。それと、基本的な育て方を実践してみてください(あとでまとめて解説)。


3.【赤い実がなる】効能ある生薬になり食べることも可能

グミのようなサンシュユの果実

ここでのポイントは3つ
  • グミに似た赤い実がなる
  • 生で食べると甘酸っぱい!
  • 効能のある生薬・漢方にもなる

グミに似た赤い実がなる

サンシュユの実は9~11月ごろに赤く熟し、秋っぽい風情を感じさせてくれる鑑賞価値の高い果実です。

果実を枝一面につけることから「アキサンゴ」が別名。形は楕円形で長さは1~2cm、葉の腋(わき)にぶら下がります。


生で食べると甘酸っぱい!

山盛りのサンシュユの果実

サンシュユの果実には、いろいろ利用価値があります。

  1. 生食
  2. 果実酒
  3. ジャム

1.熟した果実は生食でき、甘酸っぱい味がします(ひとつ食べれば十分ですが...)。

2.果実酒は疲労回復や冷え性などに効能があり、ホワイトリカーと氷砂糖を使って作るのが一般的です。

3.ジャムも作れ、赤く熟した甘い果実を使います。レモン果汁を少々加えるのがポイントです。シロップも作れます。


効能のある生薬・漢方にもなる

サンシュユの実を漢方にしたもの

もともとは生薬(漢方薬)として日本へ渡来しました。

種子を取り除き日干しした果肉を使い、「滋養強壮・冷え性・止血」などの効能があります。【参考ページ】≫タケダ健康サイト


4.【葉は秋に紅葉する】斑入りの西洋サンシュユも人気

サンシュユの紅葉と赤い果実

ここでのポイントは3つ
  • 秋の紅葉と赤い実が美しい
  • 大きな葉っぱの特徴
  • 斑入りの西洋サンシュユも人気

秋の紅葉と赤い実が美しい

サンシュユは春だけでなく、秋も楽しませてくれます。

葉っぱが赤く紅葉する姿はとても風情があり、同時期に赤く熟す果実とのコラボも見どころです。楕円形のかわいらしい果実が枝一面になり、和風の雰囲気を醸し出します。


大きな葉っぱの特徴

サンシュユの大きな葉っぱ

葉は花が咲いた後に展開し、秋には赤く紅葉します。

対生で長さは4~12cm、長い葉柄を持ち、枝先に集まるのが特徴。側脈は4〜7対あり、湾曲しながら先端に向かいます。

縁は滑らかでギザギザ(鋸歯)がありません。裏面には褐色の細かい毛があり、先端が尾状にとがります。


斑入りの西洋サンシュユも人気

斑入りの葉【イメージ画像】

普通種のサンシュユ以外に、以下のような園芸品種があります。

  • 金時:秋にいっぱい果実がなる
  • ショリコ:食用に改良された品種
  • ショコラ:苗木でもよく咲く(鉢植え向き)
  • セイヨウサンシュユ(エレガンティシマ):斑入りの葉
  • セイヨウサンシュユ(ヴァリエガタ):覆輪の葉

葉っぱに模様が入る「斑入りサンシュユ」は、おしゃれで明るい雰囲気が魅力です。内側が緑で、外側の縁が白(淡い黄色)。

花が終わった後も明るい葉が秋まで残るので、カラーリーフプランツとして楽しめます(鉢植えでも)。


5.【切り花にして室内に飾れる】おしゃれなインテリアに

切り花に利用したサンシュユ

サンシュユは、古くから切り花(生け花)として利用されてきました。

ふんわりした小さな花が和風の雰囲気を出し、野趣に富む黒っぽい枝も見応えがあります。

おすすめの生け方は、サンシュユは枝が長くボリュームが出にくいので、他の花と合わせることです。サンシュユだけだとさびしい見た目ですが、それもまた「わびさびがあって」いいのかもしれません。


サンシュユからヨーグルトが作れるって本当?

サンシュユからヨーグルトが作れると聞き、ネットで調べてみました。

サンシュユの枝(乳酸菌がいる)を牛乳に入れ、長い時間保温します。すると牛乳が固まり、ヨーグルトができるというものです。

実際に試したことはありませんが、興味のある方はこの参考ページ≫樹木の枝に住む乳酸菌についてを読んでからトライしてください!


【剪定の方法】いつが最適時期?夏にやるなら透かし剪定


ここでのポイントは5つ
  • 最適な剪定時期はいつ?
  • 剪定の効果的なやり方
  • 花をあきらめることも大切
  • 不要枝の整理(夏にやるなら透かし剪定)
  • 剪定だけしてくれる業者ってあるの?

最適な剪定時期はいつ?

剪定の基本は以下です。

  • 適期:12~4月(厳寒期を除く)
  • 仕立て方:自然樹形、株立ち

剪定の適期は、落葉期の12~4月です。

放任すると枝を四方にどんどん伸ばすので、剪定作業は必ず必要になります。


剪定の効果的なやり方

放任すると、地際から斜上する枝(ひこばえ)を出して大株立ち状になります。

植えた段階で、早めに枝を2~3本に整理します(株立ちにする)。あるいは、主幹を1本にしてほかの枝を切り取り、自然樹形樹形をつくっておきましょう

ただし、そこから出る小枝も水平に近い角度で発生するので、場所に合わせて樹形を整えます。枝が込みすぎた株は、花の咲き始めごろに大きな枝を間引くように切り、切った枝は花瓶に挿しておけば長く楽しめます。


花をあきらめることも大切

サンシュユは大きく生長する性質があります。

手に負えないほど大きくなりすぎたら、花後に強剪定を行っても枯れる心配はありません。しかし翌年の開花はあきらめましょう。

3年おきぐらいに強剪定するのがおすすめです。


不要枝の整理(夏にやるなら透かし剪定)

サンシュユの魅力は枝いっぱいに花を咲かせることなので、花芽を残しつつ不要枝を整理します。

落葉期に花芽についていない徒長枝や不要枝を切って、花芽をつける細かい枝を出させるようにしましょう。

病害虫の発生を防ぐためにも、風通しがよくなるような「透かし剪定」も大切な作業です。これは夏でも作業ができます。


剪定だけしてくれる業者ってあるの?

庭木の手入れ・剪定をしてくれる専門業者で、日本全国で対応してくれます。

たとえば以下が庭木の料金相場です。

  • ヤマボウシ:2,800円 ~
  • モミジ:3,000円 ~
  • コニファー:3,000円 ~
  • ハナミズキ:3,400円 ~
  • シマトネリコ:3,700円 ~

どんな庭木も剪定してくれ、たった1本でも対応してくれるのがすごいです!無料で現地調査が依頼できるので、庭木で困っていたら相談してみてください。



【育て方のポイント】庭への地植えや鉢植えのコツを解説


ここでのポイントは6つ
  • 知っておくべきサンシュユの基本情報
  • 植付け・移植(植え替え)
  • 水やりのコツ
  • 肥料のじょうずなやり方
  • 増やし方(つぎ木・とり木)
  • 病気・害虫の対策と薬剤

知っておくべきサンシュユの基本情報

  • 植栽適地:北海道北部を除く日本全国
  • 生長スピード:★★★ 速い
  • 日照:★★★ 日なた
  • 土壌の質:全般
  • 土壌の乾湿:★★☆ 普通
  • 根の深さ:★★☆ 普通
  • 耐寒性:★★★ 強い
  • 耐暑性:★★☆ 普通
  • 耐陰性:★☆☆ 弱い

日当たりが良く、寒風が防げる場所に植えましょう


植えつけ、移植(植え替え)

植えつけ適期は、厳寒期を除く12~4月です。

日当たりと水はけのよい「保湿性のある肥沃な場所」に植えます。

植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土をよく混ぜてから高植えにすることがポイントです。植え付け後は、株元に敷きわらや腐葉土を厚めにマルチングすると効果的。支柱を立てるのを忘れずに。

鉢植えは、7~10号鉢に植えて、あまり枝を出さないように仕立てるとよいでしょう。


水やりのコツ

庭植えは夏季に晴天が続き、ひどく乾燥している場合を除き必要ありません。

鉢植えは初夏から夏にかけてたっぷり与え、冬季は控えめにしましょう。花芽分化前の7月はやや控え気味にします。


肥料のじょうずなやり方

1~2月の寒肥(骨粉・油かすなどの有機質肥料)のほか、初夏と初秋に緩効性化成肥料を施しましょう。

窒素が多いと、枝が伸びすぎ花つきが悪くなります。


増やし方(つぎ木・とり木)

つぎ木・とり木でふやします。


つぎ木のポイント

つぎ木のメリットは、親木と同じ性質を受け継ぐ樹木を作れることです。

適期は2~3月です。

つぎ木の方法は、つぎ穂(ふやしたい品種)と台木(だいぎ)の形成層を密着させ、つぎ木専用テープで固定します。形成層同士を隙間なく密着させるのがポイントで、木を切るナイフの切れ味が活着の良し悪しを決定します。

つぎ木後は半日陰に置き、水やりをしながら育てます。うまく活着したらテープを取り外し、つぎ穂の芽を1つ残し、その他の芽(台木とつぎ穂の両方)は切ってしまいます。支柱を立てて補助しておくと、活着部分が折れる心配がありません。


取り木のポイント

取り木の適期は4~8月ごろです。

「曲げどり」という取り木方法があり、初心者でも簡単でオススメです。

株元から出ている枝を曲げ、曲げた部分にナイフで切り込みを入れて表皮を剥がします。根がついているその株を土に埋め、あとは普通に管理します。


病気・害虫の対策と薬剤

サンシュユに病害虫はあまりありませんが、日当たりと風通しが悪いと病害虫が発生します。

とくに注意したいのが「うどん粉病」で、若い葉や茎の表面にうどん粉をまぶしたように白いかびが生えます。

主な害虫は「カイガラムシ・アブラムシ・テッポウムシ」などです。


おすすめの殺虫剤・殺菌剤

【おすすめ3種類】通販で買えるサンシュユの木


悩む女性

どんなサンシュユを選んだらいいのか、まったくわからない...おすすめを教えてください!


それでは最後に、通販で買えるおすすめサンシュユの苗木商品を紹介します!

値段相場は¥1,000~20,000ぐらい(大きさによる)です。小さい木は鉢植えに、大きい木はシンボルツリーとして地植えにしましょう。

植木を植えた経験がある方なら自分で植えるもよし、初心者なら植木だけ購入して業者に依頼してもよし。業者に依頼したら、その後の手入れの仕方も、こっそり教えてもらいましょう。


1.サンシュユ

価格:¥~20,000
樹高:~1.5m
おすすめ度:5.0★★★★★

黄金の花が美しい普通種のサンシュユです。

寂しい季節に元気な花を咲かせるので、殺風景にしたくない場所に植えるのがいいでしょう。玄関前にほかの庭木と一緒に植えるのもおすすめです。

≫楽天でサンシュユを見てみる


2.西洋サンシュユ(斑入り)

価格:¥~1,500
おすすめ度:4.0★★★★☆

西洋サンシュユは斑入り品種で、おしゃれで明るい雰囲気が魅力です。内側が緑で、外側の縁が白(淡い黄色)。

花が終わった後も明るい葉が秋まで残るので、カラーリーフプランツとして楽しめます(鉢植えでも)。

≫楽天で西洋サンシュユを見てみる


3.サンシュユ ショリコ

価格:¥~5,000
樹高:~1.0m
おすすめ度:4.0★★★★☆

サンシュユの果実のつき方には個体差があり、どの木も真っ赤な実をたくさんつける保証はありません。

しかしこの「ショリコ」は食用に改良された品種で、果実の大きさは野生種の2倍もあります。もちろん美しい花も咲かせますよ。

≫楽天でショリコを見てみる


それでは最後に、「無料で評判の良い庭業者の探し方」を紹介して終わりにします。


【無料】評判の良い庭業者のかんたんな探し方

どうやったら素敵な庭がつくれるかな...?

興奮する夫婦

庭木のあるおしゃれなガーデンをつくって欲しいです。

もし評判の良い業者の探し方があるなら、ぜひ教えてください!


そんなあなたに工事業者をかんたんに探せる「無料一括見積もりサイト」を紹介します。このサービスをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 無料で見積り依頼できる
  • 近くの評判の良い業者が探せる
  • 1社だけでなく数社見積もりできる

無料で相見積もりできるのが最大のメリットで、適正な工事価格がわかり、依頼した業者の工事が適正かどうか比較検討できます

このサービスを使えば「時間とお金の節約になる」ので、興味のある方はぜひ利用してみてください⏬


まとめ【サンシュユは庭木におすすめ!】

花が咲いたばかりのサンシュユ

記事のポイントをまとめます。

  • サンシュユの木とは?
  • 庭木におすすめな理由5つ
  • 通販で買えるおすすめサンシュユ3種類

以上の3つです。


この記事では、サンシュユの特徴や育て方(剪定・鉢植えなど)、庭木におすすめの品種も紹介しました。いかがだったでしょうか?

サンシュユは冬のさびいしい季節に、元気な黄色い花を咲かせる庭木です。秋の紅葉も美しく、赤い実とのコラボも風情があって美しいですよ!


サンシュユはグミのような赤い実がなります。

漢方や生薬にも使われ、ジャムにして食べることもできる重宝する庭木です。



すぐ下の関連ページで「おすすめの低木・おすすめの落葉樹・ヤマボウシ」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はぜひご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、サンシュユは黄金の花が咲く庭木🌳【実の特徴や育て方-剪定のコツも解説します】…という話題でした。

更新:2022年01月18日|公開:2022年01月14日

【現在の位置】ホーム > 庭木 > サンシュユ


※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み